ハイヤープラン
FE0062-A

奥の細道~松尾芭蕉の足跡を辿る~

奥の細道で松尾芭蕉が訪れた名所を辿る旅

提供:山形県(最上川舟下り)
提供:山形県(最上川)
提供:山形県(芭蕉石碑)
三神合祭殿
提供:山形県(杉・五重塔)
日帰り

※出発希望日が10日以内の場合は、お電話にてお問い合わせ下さい。

松尾芭蕉とは

松尾芭蕉は三重県に生まれ、日本各地を巡り、俳句を詠みました。1689年には、弟子である河合曾良を連れ、約2500キロ・約160日に及ぶ奥羽への旅に出ます。そして、「奥の細道」と称する、大行脚の想いが詰まった紀行文を残しました。この時代、華やかな俳句がもてはやされる時期でしたが、松尾芭蕉の俳句は自然の美しさや侘び寂びを詠うものでした。

【羽黒山】 涼しさや ほの三日月の 羽黒山
【月山】  雪の峰 幾つ崩れて 月の山
【湯殿山】 語られぬ 湯殿にぬらす 袂かな

「奥の細道」in 山形

松尾芭蕉が山形(出羽国)に足を踏み入れたのは、奥羽行脚の最中のことでした。山寺・立石寺などを経て、最上川を舟で下り、清川の地に上陸、その後、芭蕉は7日間という長い時間をかけて、出羽三山を巡拝します。芭蕉は40日余りの滞在で数々の俳句を残していきました。

2020年4月1日(水)~11月29日(日)

ツアーコース 食事
JR鶴岡駅(9:30発)―羽黒山随神門…【日本遺産】羽黒山五重塔…羽黒山随神門―羽黒山レストハウス…【日本遺産】三神合祭殿松尾芭蕉像【日本遺産】斎館(精進料理の昼食)…羽黒山レストハウス―古口港~〈最上川舟下り〉~草薙港―JR鶴岡駅(15:30着) 朝:-
昼:○
夜:-

(大人お1人様/小人同額)

4名/台 3名/台 2名/台 1名/台
13,900 16,500 21,800 37,600

[旅行代金に含まれるもの]ハイヤー料金、有料道路、昼食代金、乗船料、旅行保険
[旅行代金に含まれないもの]駐車料金

ツアーコード FE0062-A
ツアー名 奥の細道~松尾芭蕉の足跡を辿る~
旅行日数 日帰り
料金(大人お1人様/小人同額) 4名/台 13,900円、3名/台 16,500円、2名/台 21,800円、1名/台 37,600円
添乗員 なし
地元ガイド なし
募集人数 4名
最少催行人数(各日) 1名
その他・注意事項 [旅行代金に含まれるもの]ハイヤー料金、有料道路、昼食代金、乗船料、旅行保険
[旅行代金に含まれないもの]駐車料金

お問合せフォームに必要事項をご記入の上、送信ください。
予約状況などを確認後、手配可能の場合、メールにて詳細をお知らせいたします。
※出発希望日が10日以内の場合は、お電話にてお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

  • 本社営業所

    0235-24-2550

    平日 9:00 ~ 17:30
    (土日祝 休業)

  • ANA庄交プラザ鶴岡

    土・日・祝受付

    0235-24-3549

    平日 10:00 ~ 18:00
    土・日・祝 10:00 ~ 17:00

  • ANA庄交プラザ酒田

    土曜受付

    0234-24-4007

    平日 10:00 ~ 18:00
    土 10:00 ~ 17:00

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram